トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >    >  4勝3敗・・・

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京城 | トップページへ戻る | 早起きは・・・

このページのトップに戻る

4勝3敗・・・

2008年01月14日

先週の結果をご報告。
早起き宣言をしたわけですが、その結果・・・
4勝3敗。
あれれ・・・
早起きは早く寝ないと難しいです。
頑張りまっす。

さて、今日は前回ご紹介した朝倉先生についてちょっとお話します。
詳しく知りたい方はこちらへ→朝倉千恵子とエンジェル達

初めてお会いした時は衝撃的でした。
うわっ、すごい!という感じでしたが、でも自分とは全然違う、
すごいけど私の目指すものではないし、
2回目の研修がとても憂鬱だったことを覚えています。

ではなぜ今回セミナーに参加しようと思ったのか?
それは今自分に足りないものを補給したかったから。
自分に足りないものとは何でしょう?
それは皆さんならお分かりになるかと思いますが、
積極性や押しの強さ、です。
やっぱり営業には必要不可欠のようで・・・

もちろんたった一日のセミナーで身につくものではありませんが、
ていうか、全然身につかなかったけど(苦笑)
なかなか有意義な時間となりました。
「目標設定セミナー」というセミナーだったので、
その名のとおり、目標を設定しました。

ノートを渡され、まず自分の夢を羅列していきます。
そしてその夢に期限を決めます。期限を決めることで
夢が目標に変わるわけです。
それから優先順位をつけて、今年中に達成したいものに
ついて、どうしたらその目標が達成できるのか、
具体的な対策、方法を考えます。

書くことによって、自分のやりたいことが整理されるし、
どうしたら達成できるのか、なぜ自分がそれをやりたいのかが
明確になります。
私はノートに羅列した時点でもう優先順位が決まっていて、
結局そんなに強く思っていないことはパッと思い浮かばないんですね~。
一つのことを達成するには余分なものを捨てる、ということも
大切です。

ということで、昨日読んだ本はこちら↓

「捨てる力」がストレスに勝つ (集英社文庫 さ 28-5) (集英社文庫 さ 28-5)「捨てる力」がストレスに勝つ (集英社文庫 さ 28-5) (集英社文庫 さ 28-5)
(2007/12/14)
斎藤 茂太

商品詳細を見る


たまたま友人に借りた本なのですが、
私が感じたことと同じだったので、なるほど~と思いました。
とても読みやすい本ですし、ストレスを感じやすい方、
トラブルを起こしがちな方にぜひ読んでいただきたい本です。
スポンサーサイト

京城 | トップページへ戻る | 早起きは・・・

このページのトップに戻る

コメント

4勝3敗・・・夜型のtanさんにしてはかなりいい勝率だと思います。
最近はめっきり寒くなってきたし、朝ふとんから出るのかなりきついよね。
私は夜早く寝ても朝は起きられません・・・(^^;
「目標設定セミナー」興味深い。
今度詳しく感想聞かせてね♪

早起きって本当に早く寝ないと出来ませんよね。
一時期朝方にしていたのですが今はまた元に
戻ってしまいましたよ。家に22時に帰って24時に就寝は無理ですもん・・・と自分に言い訳をしています(苦笑)
そういえばKREVA結婚しましたね~。

コメントの編集

余分なことを捨てる

口に出してしまうと、な~んだそんなことかと、思ってしまうけど、よくよく考えてみると本当に大切なことだね。 人生本当にいつまで経っても勉強だね。
積極的で押しの強くなったtanさんに、会ってみたいです(笑)。

>リリーさん

今週も同じような勝率です。
私にしては上出来だよね!?
リリーさんもぜひ!!!
目標設定セミナー、なかなかよかったよ。
今度詳しくお話しま~す♪

>sayakaさん

そうなんですよ~
私も帰りが遅くなったら間違いなく、起きれません!
でもゆっくり寝る日があってもいいか、とその辺はゆるく考えてます。(笑)
言い訳もたまには必要です。(苦笑)
KREVA結婚・・・
新年早々衝撃的ニュースでしたよ・・・(涙)

>shimaさん

そうそう!
永遠に勉強です。(笑)
この斉藤茂太先生の本はとっても読みやすく、ためになるのでおススメです。
ちなみにお父さんは斉藤茂吉さん。
道は程遠いですが、イメチェンした私を楽しみに待っててください。(苦笑)

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。